ファッション

小さくて薄い財布『PRESSo』&『CHIP』で身軽な生活がはじまった。

今まではレシートやポイントカードでパンパンになった長財布を使っていた。

でも、結局ポイントカードは毎日使う訳ではない。

大きい財布を持っているだけで大きいバッグも必要になってくる。

バッグを持ちたくない時はお金をジャラジャラとポケットに入れることも多かった。

私は小さい財布を探し始めて数か月した頃、ある財布に出会った。

その財布の名前は『PRESSo』。
そして、『CHIP』。

身軽な生活がはじまった。

『PRESSo(プレッソ)』
『CHIP(チップ)』

キャッシュレス社会に移行していく流れに沿って財布もアップデートが必要。

必要最低限のカードと少量の現金をスマートに持ち歩くために作られた『PRESSo』、そして小銭入れに特化した『CHIP』を購入して私の身軽生活は始まった。

熟成レザーが使われたPRESSoは、モカ、アメリカーノ、ブラックと3色展開、CHIPはトープリモーネが追加され5色展開されている。

その中から私は”モカ”を選んだ。

こんなに薄い。

ポケットに入れてもゴワつかない薄さ、大きさ。

使い始めは革が硬いのでカードを3枚、お札・小銭を数枚に入れると厚さが出てきて開いてしまう。

でも大丈夫、使い込むことで革が柔らかくなり、ちゃんと閉まるようになるのでご安心を。

CHIPはチェーンを付けてリュックにぶら下げていた。

悲報。緩んでいたチェーンが外れたらしく、CHIPさん紛失。

買い直すか検討中…。

家族用財布に”トープ”を追加購入した。

モカは自分専用の財布として使っている。

サイズ感も使い勝手も良いので、家族用の財布として色違いの”トープ”を追加購入。

トープはPRESSoと違う革が使われていて、シボ感が可愛い。そして傷が付きにくく、汚れや水にも強いPRESSo Pique(プレッソ ピケ)として分類されている。

革製品が初めてで革のケアって難しそう…と思っている方にオススメかもしれない。

野口英世ChooChooTRAIN

開くと内側にはベージュの革が使われていて2トーンカラーとして楽しめる。
モカより革が柔らかいので触り心地が抜群。

CHIPは凄く小さいのに、こんなに小銭が入ってしまう。

メモリーカード、SIMカード、ピアスなどのアクセサリーと小物を持ち歩きたい時にも便利。

PRESSo Piqueのトープ(グレージュ色)とリモーネ(イエロー色)は数量限定で作られたものなのでネット購入は難しい。(CHIPはネットで買えます。)

dripさんが期間限定の店頭販売する時がチャンス。
在庫が少ないらしいので、狙っている方はTwitterをチェックしておくといいですね。

https://twitter.com/drip_corp/status/1184065812413345792

店頭で購入するとdripさんが作っている珈琲『drip coffee』がもらえました!

珈琲が苦手でも飲める『drip coffee』。 本当は格好良く「珈琲、ブラックで。」と頼んでみたいけど、残念ながら苦みに負けて紅茶を選ぶ自分がいる。 マクドナルドの珈琲は飲みやす...

PRESSoの可愛がり方(ケア方法)

PRESSoは何もケアせず、普段使っているだけで手の油によって徐々に光沢が増し良い感じにエイジングされていく。

しかし、鍵やファスナーなどの金属、爪などによって傷が結構出来てしまい、こんな状態になってしまうことも。

ムチで叩いているわけではない…。

この状態はちょっと可哀そうなので、アメを与えてあげよう。

ブラシでチリやホコリを掃ったら、革用のクリーナーで汚れを拭き取り、クリームの浸透をよくしてあげる。

革用の保湿クリームを指で馴染ませていきます。

指でやると色が付くので、汚れたくない人はブラシを使ってもOK。

傷だらけだったPRESSoがこんなに綺麗になってくれる。

冬になると肌もカサカサになるのと一緒で、革も冬は乾燥しがち。

最後にオイルでツヤ出し。
頻繁に塗りすぎると革が伸びてカードが落ちやすくなってしまうので注意。

オイルクリームは、dripの堀口さんが使っているラナパーのレザートリートメントが良いね

私はラナパーと同じ材料(ミツロウ+ホホバオイル)で作った自作のアロマハンドクリームを使用。

私だけのアロマディフューザー&ハンドクリームを。今日は、友達のミカちゃんが3月から始めたアロマクラフトサロン「Aromatise」に行ってきました。 この...

フワッと好みのアロマが香り、癒しの時間。

やっぱり可愛がると愛着も増しますね。

まとめ

私はメンズライクも好きなので、そんな時はPRESSoのモカ

Twitterの#PRESSo育成中を見ていると男性購入者が多いのでメンズ印象だけど、PRESSo Piqueは女性のファッションにも合わせやすい。

特にリモーネは鮮やかなイエローなので、アクセントカラーとしてCHIPをバッグにぶら下げてワンポイントオシャレを楽しめちゃう。

この財布を使うようになってから、会う人達に「財布めちゃくちゃ小さいね!凄くいいね!どこの財布?」と聞かれることが多い。

身軽な生活を望んでいる人は多いけど、実行に移すのは難しいようだ。まずは財布から変えてみてはどうだろか。

PRESSoとCHIPはAmazonでも販売が始まったのでプライム会員は送料無料になります。

PRESSo:11,000円
▶PRESSo(プレッソ)の販売ページ

PRESSo Pique:11,000円
▶PRESSo Pique(プレッソ ピケ)の販売ページ

CHIP:3,850円
▶CHIP(チップ)の販売ページ