暮らし

珈琲が苦手でも飲める『drip coffee』。

本当は格好良く「珈琲、ブラックで。」と頼んでみたいけど、残念ながら苦みに負けて紅茶を選ぶ自分がいる。

マクドナルドの珈琲は飲みやすいと言われチャレンジしてみたが、飲んでいるうちに気持ち悪くなってしまった。

珈琲の味を楽しめる大人になりたいと思う日々を過ごしていた時、株式会社dripさんがオリジナル珈琲『drip coffee(ドリップコーヒー)』を発売。

フローラルで紅茶のように飲める珈琲ということで抵抗感がなくなり、注文してみました。

手軽に飲める『drip coffee(ドリップコーヒー)』

パッケージもお洒落で和紙の手触りも心地よい。

dripの名刺代わりとしても使われているらしいので、堀口さん平岡さんと仕事やオフ会などでお会いした際に頂けるかもしれない。

開けた瞬間珈琲の香りがフワ~っと広がる。

珈琲の香りは好きなので幸せな気持ちに。

drip coffee(ドリップコーヒー)』はドリップバック式なので、カップに乗せるだけで手軽に飲むことができる。

ミシン目に沿って開けるのもワクワクしてしまう。

エチオピア産の浅煎り豆

エチオピア産の豆を浅煎りしているとのことで、色が明るくてとっても綺麗です。

このまま家中に置いて香りを楽しめちゃいそう。


豆全体が浸るように少量のお湯を入れて、豆を膨らませる”蒸らし”をすることで豆に含まれている炭酸ガスを放出し、珈琲の抽出効率を上げるとのこと。

膨らむか、膜が無くなるか、凹むかの変化が出たら徐々にお湯を入れていきます。

私が知っている真っ黒な珈琲ではなく、紅茶のように透き通るような色合い。

飲んでみて驚いた!

かなりスッキリしていてあっさり

口に入れた瞬間は酸味を少し感じ、すぐにフルーティーな香りが口中に広がる。

こんなに飲みやすい珈琲は初めて。

冷めても美味しく飲めました。

むしろ氷を入れてアイスでも楽しめた!

ここから珈琲生活を始められるかもしれない。

朝食時に飲んで、ゆっくりした時間を楽しもうと思う。

珈琲は消臭効果がある

飲み終わったら、お皿に移し替えて電子レンジで豆の水分を飛ばす。

生ゴミをに振りかけておくとイヤな臭いが軽減される。ゴミ箱の底に仕込んでおくのも良いですね。

最後まで使いきれるdrip coffee。

『drip coffee』が飲んでみたいと思ったら

drip coffee』は1パック250円、5パック1,200円で販売されていてdripのオンラインショップで購入することができます。

drip coffeeは、DRESS COFFEEさんの協力のもと作られていて個人で珈琲の販売を行っています。シーン別など様々な珈琲を作っているお方。

dripさんのように会社オリジナル珈琲を頼むこともできるようななので気になる方はコンタクト取ってみるのも面白いですね。