ファッション

10年ぶりの『ドクターマーチン』履き始める前からケアしたろ。

約10年ぶりにDr.Martens(ドクターマーチン)を買ってしまった。

以前は3ホールを履いていたので、今回は8ホールにしました。

購入したのは、2019秋冬モデルの『Dr.Martens 1460 WANAMA 8ホールブーツ 商品番号24991001』。

『Dr.Martens 1460 WANAMA 8ホールブーツ』

デザインは定番の8ホール。

同じ8ホールでも革、色、ソールなどに様々なバージョンが販売されていますが、私は足首に負担が少ない柔らかレザーのWANAMAを選びました。

写真だけじゃ伝わらないかもですが…

質感も凄く気持ちいいです。

ハイカットの上部が擦れて痛くなるのが不安な方には、WANAMAがおすすめ。

大きめのタグがぺローンと出てるのも好き。

インパクトありありの8ホールはスカートとのコーディネートもガーリーになりすぎないので私好みです。

履き始める前にもケアをした方がいい。

革靴は履き始めが肝心。

購入したばかりの革は固く、シワがついていない。

革は人の肌を一緒。
石鹸で汚れを落とし、ハンドクリームを塗ってあげますよね。

履き始める前にケアすることで革が柔らかくなり、変な場所でパキっと割れることを防ぐことができ、汚れも予防できます。

まずはブラッシング。
シューブラシを使ってチリやホコリを除去していきます。

靴全体を優しくサッサッとホコリを掃う感じ。
力を入れ過ぎないように気を付けましょう。

ステッチ周辺は汚れが溜まりやすいので重点的に。

ブラッシングの後は、汚れ落とし用ローション。

私は、子どものランドセル購入時にもらった『コロンブス レザリアン ローション』を使っています。安いし、カビ止めも入っていて簡単にケアできるので使い勝手がいい。

ローションを使うことで泥などの汚れを落としてくれるのは勿論、クリームやオイルの馴染みも良くなるので使った方がいいです。

クロス(柔らかい布)にローションを少量ずつ付けます。
クロスを買う必要は無く、子どもの古肌着が柔らかくて最適。

クロスをクルクルしながら汚れを落とす。

ローションで汚れを落とした後は、ワックス・保護クリーム。

私はスムースレザー用の『ワンダーバルサム』を使用。

ココナッツオイル・ミツロウ・ラノリンが混ざっているワックスで、少し灯油っぽいニオイが気になる。

ワックスを塗ることで汚れや水から守ることができ、乾いてポロポロになってしまうことも防げるので長く履きたいのであれば必須ケア商品。

付属のスポンジに少量取って使います。

たくさん付けると色ムラの原因になるので注意。

ツヤを出したい場合は『ブラック シューポリッシュ』が良いかも。

全体に塗り終わったら私はクロスでさらに馴染ませていきます。

そして、最後の仕上げが防水スプレー。

スニーカー大好き芸人でおなじみの『Crep(クレップ)』。

[クレップ プロテクト] 防水スプレー
Crep Protect (クレップ プロテクト)

靴から20~30㎝の距離から全体に吹きかけます。

近すぎるのシミの原因になるので注意。

シューーーーーーと結構吹きかけても一瞬で水滴が消えてくれます。
(ウェルトには残っていますが乾いたら大丈夫。)

まとめ

革のケアは難しく感じますが、軽くお手入れしてあげるだけで長持ち度が全然変わってきます。

特にドクターマーチンは人気が高いので履かなくなった時、古着屋に売ると喜ばれます。状態が良いと高単価も付きやすくなるので、大事に履いてあげましょう。

近くにドクターマーチンを取り扱っているお店がない場合、楽天の公式ショップで購入すると初回サイズ交換してくれるので安心して買うことができます。(着払いで送るので送料も負担しなくてOK)

冬にピッタリ。暖かく中がフワフワのSERENAも良いですよね。