暮らし

洗剤使うの、やめました。『洗たくマグちゃん』でeco暮らし

毎日の家事である洗濯。

家族が多くなると洗濯物が増え、洗剤や柔軟剤もあっという間になくなってしまう。

少し前まではコストコで大容量のパッケージを箱買いし、部屋はストックで埋め尽くされていたんです。

そんな生活を脱するためにコストコ生活を止めました。

この頃から使い始めたのが『洗たくマグちゃん』。

TV番組の「ガイアの夜明け」で放送され、品薄状態が続いていましたが今は手軽に購入することができます。

なぜ『洗たくマグちゃん』を使い始めたのか

  • 汚れが落ちる
  • 洗剤の量を減らせる
  • 環境に良い
  • 肌にやさしい
  • 消臭、除菌効果がある
  • 洗濯槽、排水ホースが綺麗になる

高純度マグネシウムが汚れを落とす

マグちゃんの中には高純度マグネシウムの玉がたくさん入っていて、水道水の中に入れると水素を発生させ、約10分ほどで弱アルカリイオン水へと変化します。

弱アルカリイオン水は油脂を分解し、汚れを落とす作用があるので洗剤の役割を果たしてくれるよいうこと。

理科の実験みたい。

洗たくマグちゃん』を洗濯機にポンっと入れれば洗剤なし、もしくは半分の量で洗うことができるようになるんです。

汚れがひどい時は、つけ置きがオススメ。

漂白剤を併用したいときは、酵素系はOKだけど塩素系はNGです。

洗剤の量を減らしてeco暮らし

洗濯物の量とマグちゃんの数
洗剤と併用 マグちゃん1個
洗濯物5㎏まで マグちゃん2個(洗剤なし)
洗濯物7㎏まで マグちゃん3個(洗剤なし)
洗濯物9㎏まで マグちゃん4個(洗剤なし)

我が家は8kgの洗濯機を使っていて、1日の洗濯物で約2/3くらい埋まる感じなので2個使い。

2個以上使う場合は洗剤いらず。

マグちゃんは約300回は繰り返し使い続けることができるので経済的負担が少なくてすみます。1個 約1,400円。毎日洗濯すると、だいたい1年に1回買い替える感じでOK。

使い続けると、徐々に中のマグネシウムの玉が小さくなっていくようです。

洗剤の混ざった水を排水しないので環境にもとても良いですよね。ecoな日々を送れる。

敏感肌や赤ちゃんがいても使える

洗剤に含まれている成分は、赤ちゃんや敏感肌の人の肌を荒れさせてしまう。

赤ちゃんなどは特に専用の洗剤を別に用意する必要があり、これがまた値段がお高め。

しかし、化学薬品を含まないマグちゃんは気にせず使うことができます。

マグネシウムが溶けだした水は皮膚のバリア機能を回復させる作用があると言われていて『バスマグ』という浴槽に入れる商品も販売されている。

消臭・除菌効果で部屋干しし放題

洗濯をする上で敬遠されがちの部屋干し。

洗濯物に菌が残っていることで生乾きのイヤなニオイが部屋中に充満、服を着たときもニオイが気になって気になって仕方がない。

マグネシウム水はニオイの原因でもある菌の発生や増殖をも抑制してくれる。なんて出来るヤツなんだ。

マグちゃん+洗剤よりマグちゃん2個使いの方がニオイに効果的。(柔軟剤をしようすると少しだけ効果が下がります。)

お風呂の残り湯でも気にする事なく使えるのが主婦には嬉しい。

除菌効果があるからカビ菌もサヨウナラ。

洗濯槽や排水ホースも使えば使うほど綺麗になっていく優れもの。

少しずつカビが取れていくので、洗濯物に付くか心配な場合はマグちゃん生活を始める前に洗濯槽クリーナーなどで洗浄しておくと安心です。

我が家は定期的にオキシクリーンで洗濯槽の掃除しています。どんどん掃除しなくてもいい期間が延びて嬉しい。

マグちゃんには漂白効果はないので、洗濯物の黄ばみ予防などにもオキシクリーンを使えちゃいます。
オキシクリーンは色々な種類が販売されているので自分の好きなものを選びましょう。

まとめ

普段、洗濯は旦那がしてくれるのですが洗剤を適当にドバっと入れるので消費が凄かったんですよね。

マグちゃんを使い始めてから洗剤の量を気にする事がなくなり、私の小さなストレスも解消。

子どもにも洗濯を任せられるようになったのも良いことの一つ。

基本的に洗濯マグちゃんは、ブルーピンクのチェック柄が販売されているのですが、ミニマリストやシンプル好きな方は白が欲しくなりますよね。

少し値段は高くなってしまいますが、『洗たくマグちゃんプレミアムブック』を買えば限定付録として白いマグちゃんを手に入れることができますよ。