旅行

八景島シーパラダイスと横浜中華街の旅。

旦那の競馬が当たったことで決まった小旅行。

我が家は東京在住なので普段だったら八景島シーパラダイスは日帰りでいくレジャーです。

たくさん遊んだ後の運転は旦那も結構ツラいはず。

「ゆっくりホテルに泊まろう!」ということになり、シーパラ代とホテル代を旦那が出してくれることになりました。

八景島シーパラダイスのチケットをお得に

7年ぶりの八景島シーパラダイス

娘が小学校でフリーパスの割引券をもらってきたので、お得にフリーパスを買えました。

メルカリなどでも割引券や株主優待券が売られているので、行く前にチェックしておくのもいいかも。

メルカリ

メルカリ

無料posted withアプリーチ

シーパラの水族館に行くのは7年ぶり、遊園地は初めてです。

我が家はどこに行くにも朝早くから行動するので開島5分前に到着。

ちなみに駐車場は7時30分から開いています。

八景島シーパラダイスの駐車場の時間

遊園地の方は10時からなので先に9時から開園のアクアミュージアムへ向かいます。

開園直後に行くことをオススメする「アクアミュージアム4F」

アクアミュージアムの4Fで申し込み

アクアミュージアムに入ってすぐの右側にあるエレベーターに乗って、4Fに向かいます。

カピバラ・マ―ラのエサやりカワウソと握手などの先着チケットを買いにいきます。

時間帯が決まっていて、1日2回15人ずつしかチケットを買えないので早めゲットしておきましょう。

館内ではgoproとpi-soloをそれぞれ子供たちの首から下げて動画を撮っていました。

GoProとpi-solo GoProを首から下げさせる

が・・・激しく動きまくるのでブレブレです。笑

今度はネックマウントを使ってみよう。

子どもの目線はやっぱり低いですねー。これも良い思い出になることだろうと思います。

ペンギンとにらめっこ 亀とサメ 亀が来てくれる

ペンギンや亀なども子供の所に来てくれてるんで子供たちもじっくり観察。

まず、水槽がキレイなのがいいですね。

ジンベエザメとイワシの大群 ジンベエザメとイワシの大群

エスカレーターも水槽のトンネルになっていて、下から見ていたジンベエザメも近くで見ることができます。

アトラクションは待たずにエンドレス

10時になったので、遊園地ゾーンへ。

シーパラダイスの広場

外の広場ではブラスバンドの人達が練習をしていて、なんかほのぼのできる。

シーパラダイスのジェットコースター

午前中はかなり人が少なかったので、大好きなジェットコースターは乗り放題状態。全然待たずに乗れてラッキー。

5回続けて乗ったらさすがに私の体が拒否りました…

ジェットコースターに躊躇する女子中学生たち

中学生らしき女子たちがジェットコースターに乗るか乗らないかでグループ分けをしているのをベンチに座って見ていると自分の青春時代がよみがえる。

他にも巨大迷路、ブルーフォール、バイキングなどを楽しみました。写真はありませんが。

乗りたかったアクアライドⅡはお休み。残念。

触れるのは1回だけよ。

カワウソと握手

「カワウソと握手」の時間が来たので、集合場所に向かいます。

スタッフがカワウソ用のエサを渡してくれるので穴の手前に持っていくとカワウソが手を出してくれます。
カワウソと握手

カワウソと握手

めちゃくちゃかわいい。

握手が終わった後は、カピバラとマーラのエサやりまで鯉のエサやり。

間近であげられるのが楽しいらしい。

鯉にエサやり

続いでカピバラとマーラの餌やり。

カピバラさんに餌やり エサやり特典でカピバラさんにタッチができる

カピバラ達がどんどん向かってくるのでビビる子供達。追いかけられて泣いている子も。笑

エサやりの特典として、1回だけ触っていいことになっています。1回だけ。

触れ合いに満足したらシーボートにまっしぐらの子供たち。

シーボート

シーボートの下は海なので、落とし物をした場合スタッフも取りいけないので注意しましょう。

シーボートで運転

子どもでも運転させてもらえるので、大喜び。写真は真剣な顔ですが。

ドルフィンファンタジーでは、イルカのドームの上を泳いでいて、優雅に泳いでて気持ちよさそうです。

イルカが近寄ってきてくれる

興味旺盛のようで、何回も近づいてきてくれます。

無料でイルカに触れ合える

ふれあいラグーンに行くとイルカたちに触れ合うことができます。

無料なので、人がたくさん。

ショーを見に行こうとしたら、40分後くらいだったので体力が持たず断念。アクアシアターも断念。

午後からは人が増えてきて、賑わってきたかんじ。

イルカショーが17時からナイトショーに変わったりイルミネーションが点灯されるので外が暗くなるまで遊んでいる人たちだったのかもしれませんね。

次回は遅めに行ってイルミネーションバージョンを楽しみたいと思います。

天然温泉と岩盤浴が付いたホテル

泊まったホテルは、中華街から少し離れている新横浜フジビューホテル

場所は新横浜駅からすぐ近くの場所にあって、旅行客やビジネスマン、日産スタジアムでライブ終わりに泊まる人が多いみたいですね。

中華街の近くのホテルを探していたのですが、良い場所は満室か予算オーバー。

エリアを広げて探したところ、「女性限定岩盤浴セット」という文字に惹かれ詳細をタップ。

天然温泉も付いていて(男性もOK)、旦那の大好きなサウナ、女性は岩盤浴無料、予算も格安。条件完璧です。

エレベーターは鍵付き

地下にある天然温泉は一般客も利用することができるので、エレベーターはセキュリティとして鍵を差し込んでから階数ボタンを押すシステムになっています。

部屋の鍵は2つ貸してもらいましたが、3つだと嬉しいな。岩盤浴は中学生以上の女性しか入れないので、一緒に温泉の所に行って別々に部屋に戻ることが出来ない…。

子どもたちが部屋に入る前にササっと写真を撮ったのでこんな感じになってしまいましたが、少しでも参考になると嬉しいです。

新横浜フジビューホテルの部屋 新横浜フジビューホテルの部屋 新横浜フジビューホテルの部屋 新横浜フジビューホテルの部屋

床はフローリングですが部屋は暖かいので冷たくないので、すぐ裸足になる我が家にはありがたい。

温泉はチケット制で、一人一枚しかもらえないので、温泉には1度しか入ることはできません。

サウナは熱めで90℃以上あったようで高温サウナが好きな旦那は喜んでいました。

でも、ちょっと残念なことが…

温泉は小学生以上からしか利用が出来なかったんです。オムツもしてないし、普通にお風呂入れる5歳児でも断れてしまいました。
息子も大浴場が大好きなので残念そうな顔で部屋に旦那と帰っていきました。

夜は近くの居酒屋でごはん。

朝は10時にチェックアウトするまで、それぞれ自由時間。

楽天トラベルで予約してポイントはマックで使う

今回も楽天トラベルを使いました。宿泊予約内容はコチラ↓

家族4人で26,000円って安いですよね。

旅行で貯めた楽天ポイントはマクドナルドで使うことが多いです。

iPhoneに楽天ポイントのアプリを入れていると便利ですよ。

楽天ポイント

楽天ポイント

無料posted withアプリーチ

 

横浜中華街で中華の食べ放題。

ホテルから中華街まで30分

ホテルから中華街まで車で30分くらい。
ちょっとドライブ気分で楽しむ。

10時半すぎに中華街について食べ放題のお店をウロウロ見てまわる。

横浜中華街

「北京ダック」が含まれているのが私の条件です。
あと、小籠包も。

これだけあれば、まず満足。

だいたいのお店が11時からなので、20分くらい我慢しないとね~と話していたのですが、人気そうなお店に予約が必要か聞いたら、10時半から開いてた。

予約なしですぐに入ることができました。

入口で飲茶の皮を作っている人がいるので娘が写真を撮ってました。

食べ放題の店舗で小籠包の皮を作ってる職人さん

上手に撮れているでないか。

大好きな小籠包を食べ終わって息子がパシャリ。

小籠包食べ終わった。

食べた感が出てイイ感じだね。

ちょっと中華街をウロウロして疲れたら毎回行くようになった足湯でゆったり。
この為に、ミニタオル持参。

知らない人も多いのか混んでないのが嬉しい。

みんな、靴や靴下を脱ぐのも面倒なのかもですね。

中華街に行ったら「龍のヒゲ」を買うべし

私の大好きな大好きな「龍のヒゲ」を買いにいきます。

龍のヒゲ

私が10年前に韓国で食べて感動した伝統お菓子。

カチコチのハチミツの塊を何度も何度も伸ばして細くなったモノの中にアーモンドなどのナッツ類やゴマなどを入れたお菓子です。

龍のヒゲ

フワフワですぐに溶けてめちゃくちゃ美味しいんです。

中味は5種類の中から選ぶことができるんですが、注文すると作り置きした棚の上から入れられます。

出来立てのものが欲しい」と伝えることをオススメします。

龍のヒゲ

時間が経ったものは固くなってしまって、フワフワを楽しむことができないのです。

龍のヒゲ

油断するとこんな口になるのでご注意を。

さいごに

今回みたいに急遽決めて、動き出す感じの旅行をもっと楽しみたいです。

我が家では、子供達に行先を伝えない「ミステリーツアー」をよく実施したりと親の私たちが週末の行き場所を決めてしまっているので、2ヶ月に1度くらいは子供が行きたい場所を聞いて連れてっていくことにしようかと思います。

テレビや雑誌など、もっと自分で情報収集する機会を与えたいと思っています。

家族旅行だから子供にも決める権利はあるもんね。

実現させてあげるために稼がねば。