ガジェット

カメラ初心者の私が【Nikon1 J5】から始めた理由

私は、ある写真をキッカケにカメラを勉強したいと思うようになった。

トバログさんの写真。

以前からトバログさんのブログが大好きでよく読ませてもらっているのだけれども、この写真はいつも以上にグッと心が掴まれたんです。

その日から私は自分に合ったカメラを探し始めました。

Nikon1 J5を選んだ理由

今まではコンデジで、構図なども考えず普通に写真を撮っていました。

色々なカメラを見に行って、最終的に購入したのが「Nikon1 J5」。

Nikon1 J5を選んだポイント
  • 小型軽量
  • デザイン
  • Wi-Fi内臓
  • タッチパネル
  • チルト式
  • クリエイティブモード

大きなバッグを持つのが苦手で極力荷物を減らしている私に1番合うカメラ。

軽くて小さいカメラ。

Nikon1 J5は、とても小さいミラーレス一眼カメラです。

手のひらにポンっと乗るサイズ。

なぜ、こんなに小さいのか。

それはセンサーサイズが小さいから。

サイズの比較はだいたいこんな感じ。

センサーサイズの比較センサーサイズの比較

センサーサイズの違いによって画角や画質が変わってきます。

画質は、フルサイズ>APSC>マイクロフォーサーズ>1インチという感じ。

画角は、フルサイズとAPS-Cで人物を同じ位置、同じ焦点距離のレンズで撮った場合、フルサイズは全身入るけどAPS-Cは頭と足が入らないという感じに移る範囲が変わります。(レンズを変えれば入る)

センサーサイズが小さいほど、カメラの大きさ・重さが軽くなっていきます。

そしてフルサイズに比べて、レンズ自体も小さくて軽い。そして安い。

一眼の醍醐味であるレンズ交換が楽しみやすくなります。

Nikon1 J5はエントリーモデルなので、初心者向けです。

他のエントリーモデルと少し比べてみる。

センサーサイズ 重さ
Nikon1 J5 1インチ 約265g
Canon EOS Kiss M APS-C 約387g
SONY α6400 APS-C 約403g
Panasonic LUMIX GX7 markⅢ マイクロフォーサーズ 約450g
OLYMPUS PEN E-PL9 マイクロフォーサーズ 約380g

子供でも綺麗に撮れる。作例あり

子供でも使いやすいし、コンパクトで持ちやすいんです。

チルトタイプで色々な角度から撮れ、タッチパネルで撮影ができるから子供でもピントが合わせやすい。

5歳の息子が撮った写真。

そして、10歳の娘が撮った写真です。

小籠包を作っている職人の手にピントが合って、生地の塊が前ボケになっていますね。

こんな感じの写真も撮れます。

レンズは「1 NIKKOR 18.5mm f/1.8」の単焦点レンズを使っています。

ボディとセットで付いてくるキットレンズは「1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM」の標準パワーズームレンズ。

このレンズは10-30mmなので、もう少し望遠が欲しかったので思って追加で30-110mmを中古で買いました。

購入するとき、シルバーが在庫切れだったので黒にしてしまったけどボディにも黒が入っているので大丈夫。のはず。

本当はシルバーが欲しかったけども。

ちなみに、子供に持たせる時はレンズフィルター付けておくことをオススメします。

無意識にレンズを触りまくります。

19種類の効果やシーンを映せるクリエイティブモードも楽しいです。

【ポップ】で色を楽しむ【ポップ】で色を楽しむ
【ミニチュア効果】でジオラマ風にする

レトロ、硬調モノクロ、セレクトカラー、魚眼、トイカメラなどレンズを変えなくても色々な撮り方が出来るのが楽しい。

Wi-FiやNFCを使って、撮った写真をすぐにスマホに送ることができるのも便利です。

容量が少ないメモリーカードを使っていても、移動中や休憩中にスマホへデータ移動させることができる。

少し物足りないと感じる点

良い所ばかりではなく、もちろん物足りない点もいくつかあります。

まず一つ目は撮影する時に覗き込むファインダーが付いていない。

なので、モニターを見ながら撮影します。

スマホで経験している人も多いと思いますが、晴れていると少し画面が見づらくなってしまう。

コンデジに慣れている人はあまり気にならないと思われます。

そして二つ目は、マニュアルモードのピント合わせ。

めちゃくちゃ指紋が付いてる…

モニター横にあるダイヤルを回して調整することになります。

オートフォーカスでピント合わせするなら全く問題ありませんね。

最後の三つ目は、レンズの種類が少ない。

Nikon1 J5は基本的にはNikonが出している1マウントレンズシリーズに対応。

マウントアダプターを付ければNikonのFマウントシリーズを使う事ができるようになりますが、その分重くなっていくので軽さ重視を考えると…

まとめ

もちろん初めからプロカメラマンが使うような高額カメラから始めるのも良いと思います。

カメラ上達には、たくさん撮る。に限ると実感しています。私も全然外に出れないので取らなければいけない。

いま、コレを写真に残したい!と思った時に撮れるように毎日持ち歩いていたい。

大きくて重いカメラより小さくて軽いカメラの方が手軽に楽しむことができる。はず