本ページはプロモーションが含まれています。
ガジェット

キッズ1,000円カットは終わり。私がシザーハンズになってやる。

上が女の子だったこともあり、頻繁に髪を切ることがなかった。

しかし、男の子!!

この間 髪を切ったばかりなのに、一瞬で髪がモッサモサになってしまう。

伸びるの早くない??っと毎回思う。

小学生になってから1,000円キッズカットを利用していたが、頻繁に行くのも面倒なので辞めた!

私がシザーハンズになってやろうと思った。

シザーハンズになる為の準備

バリカン編

LOFEE バリカンセット付属品

初めてのバリカン。

高級なモノにしようか迷ったが、口コミも良かったので約3,000円と安価なモノを試しに買ってみることにした。

LOFEE バリカンの充電このバリカンは、2200mAhのリチウムイオン充電式電池が搭載されているので、コードレスで使うことができる。

付属の充電コードを使って充電し、フル充電(約3時間)すれば約4時間使用可能になる。

充電時はアダプタがAC100V〜240V 5060Hzであるか確認しておこう。

LOFEE バリカン 3mm/6mm/9mm/12mmアタッチメント3mm/6mm/9mm/12mmアタッチメント

選んだ理由の1つとして、6・9・12mmのアタッチメントが付いていること。

坊主にするのではなく、襟足部分を段階的に剃り上げてツーブロックを目指したかったから。

LOFEE バリカン アタッチ付けた横からアタッチメントをつけるとこんな感じ。

取り外しには少々コツがある様だ。(説明書が理解できなかっただけ)

LOFEE バリカン正面
LOFEE バリカン裏面
LOFEE バリカン横面

重さは、211g。

これが普通なのかは不明だが、髭剃りくらいだと思う。知らんけど。

アタッチメントがない状態でも、4段階の微調整が可能。

LOFEE バリカン4段階調整スイッチをスライドしていけば、2.2mm/1.9mm/1.6mm/1.3mmと簡単に変更できる。

スライドにあるボタンはロックボタン。

LOFEE バリカン 1.9mm1.9mm
LOFEE バリカン 1.6mm1.6mm
LOFEE バリカン 1.3mm1.3mm

LOFEE バリカンの刃を手入れ刃は簡単に取り外すことができる。

カット後の手入れカット後は、刃を取り外して付属ブラシで入り込んだ髪の毛を払い出していく。

刃の水洗いも可能だが、オイルが付いているので毛が思うように流れてくれない。カット後の手入れお手入れ用として、オイルも付属されているのが有り難い。

自分でシッカリお手入れした状態で壊れたら1年間の保証対象になるので、面倒だがお手入れはしておいた方がいい。

シザー編

LOFEE ハサミ・スキばさみ・くし・ピンセット

バリカンと同じメーカーのカットシザー、 セニングシザー、コーム(くし)ステンレスクリップのセットが革製ケースに入っているモノを選んだ。

LOFEE ハサミ全長17cm、刃長7cm。

64gと一般のハサミに比べて少し重みがある。

金のネジを回すことによって、切り心地を調整することが出来る。

ネジを緩めることで、美容師さんのように素早いカットができるはずだ。

LOFEE すきハサミセニングシザーと呼ばれるスキバサミは重さ70gとズッシリ感を感じる。

スキ率は、約20%。

どちらも高品質のステンレスが使用されていて、チタンメッキ塗装が質感をグッと上げている。

手作業で研磨されているので、切れ味はとても良くサックサク髪が切れて気持ちが良い。

シザーハンズが切ったBeforeAfter。

[twentytwenty]カット前
カット後[/twentytwenty] [twentytwenty]カット前
カット後[/twentytwenty] [twentytwenty]カット前
カット後[/twentytwenty]

前回の1,000円カットの時、上の方まで刈られてしまったので今回は下部1/3だけバリカンを使った。

12mm、9mmを使ってみたが、サーっと切れてメチャクチャ気持ちよかった。

6mmはまだ勇気が出なかった。

引っかかることもなく、音も静かな方だと思う。

バリカンとの境目を調和させるためにハサミを使った後、長さは変えず全体的に髪を透いていった。

もう少し調整したい箇所が多々あったが、子供が耐えられなかった。

まとめ

今までは自分たちの前髪を切るだけなので、一切こだわりが無く、100円均一のヘアカット用ハサミ・すきバサミを使っていた。

しかし、今回シザーハンズになってみて思った。

「面白い。」「もっと切りたい。」

初めてのバリカンが楽しくて、もっと極めたい気持ちが高まる。

ハサミの切り心地も堪らなく、次は娘の髪で遊んでみよう。

男の子で散髪に悩んでいる人は、一度挑戦してみて欲しい。