ガジェット

USB3.0 SDカードリーダー『Transcend TS-RDF5W』をもっと早く買っておくべきだった。

カメラを好きになってからSDカードからデータ移行することが増えた。

それなのに私が使っている外出・リビング作業用のSurface LaptopにはSDカードスロットが付いていない。

今までは作業部屋で使っている17インチのノートパソコンで画像編集をしていたので、面倒に思うことも多々ありました。(17インチのノートパソコンはデスク用として主に早朝作業で重いソフトやツールを使う時に使用。)

外出先やリビングでも手軽に画像編集がしたかったのでSDカードリーダーの『Transcend TS-RDF5W』を購入。

『Transcend TS-RDF5W』を選んだ理由

transcend TS-RDF5Wは作業の邪魔にならない

メインカメラはOLYMPUSのEM5 mark2でSDカード。
サブカメラがNikon1 J5がmicroSDカード。

transcend TS-RDF5WはSDとmicroSDが入るどちらもカードも入り、狭い作業スペースでも邪魔にならない小さいサイズが良かったのでSD(SDHC、SDXC)とmicroSD(microSDHC、microSDXC)だけに特化していてコードいらずの『Transcend TS-RDF5W』を選びました。

残念ながら、2枚同時に読み取ることはできませんが、USB3.0で転送速度も速く、サクサクデータ移行ができるのでストレス0。

同じような商品はいくつかありましたが、メーカー保証2年が付いていたのが決め手。

transcend TS-RDF5W

LEDが青く光り、接続が見える化されているのも好き。

これが1,000円以下。

もっと早く買っておけば良かった。

使い始めると本当に便利で、毎日のように使っています。

なぜ、もっと早く買わなかったのだろう。

外出先やリビングでテレビを見ながら画像編集が出来ると、タスクがどんどん消化されてストレスも軽減されている。

USB-Aの反対側にUSB-Cが付いているカードリーダーとも迷いましたが、スマホからデータ転送することがほとんどないので止めました。

ちなみに、スマホに保存している写真はAmazonフォトでクラウド上に保存しています。(Amazonプライム会員は無制限+RAWデータもOK)

家族の写真はAmazonPhotosに入れるといい
家族の写真はAmazonPhotosで無制限に保存できる新型iPhoneが発売されてカメラの質はまた上がり、ボケを調整できるようになって一眼レフカメラで撮ったような写真を撮ることができるように...

逆に小さすぎて無くしてしまいそうですが、使い終わったらガジェットポーチに直ぐ入れるようにしています。

Transcendが無料提供している画像復旧ソフトウェアRecoveRxもダウンロードしておけば、間違ってデータ消去してしまっても安心して復元することができますね。