ガジェット

『Anker PowerPort Strip PD 3』PD対応Type-Cポート搭載の電源タップ

私は多くのガジェットに囲まれる日々を送っている。

リビングを見渡すだけでパソコン、モニター、キーボード、マウス、スマホ、iPad2台、デスクライト、テレビ、Wi-Fiルーター、EchoBot、スマート家電類、Nintendo Switch……全て電気が必要だ。

自ずと電源タップを買い足す羽目になる。

配線だらけの部屋になってしまうが、致し方無い。

購入から4ヶ月経った今でも、購入して良かったと思う電源タップを紹介しよう。

『Anker PowerPort Strip PD 3』レビュー

Anker PowerPort Strip PD 3Anker PowerPort Strip PD 3は、コンセント差込口が3口、USBポートが3口搭載されている。

6つ同時に給電、充電が可能だ。

コンセントの差込口をよーく見ると、塞がれているのがお分かりだろうか。

使用しない時は、シャッターが閉まってホコリが入り込まないように設計されている。

Anker PowerPort Strip PD 3はUSBポートが3つ付きやはり一番魅力的なのは、Type-CのUSBタップがある点だろう。

スマホやミニ家電の充電器を別途で用意する必要がなくなる。

AC定格電圧・電流 125V 50/60Hz 10A (最大出力 1000W)
USB-C 出力 5V=3A / 9V=3A / 15V=2A / 2v0V=1.5A
USB-A 出力 5V=2.4A (各ポート最大2.4A)

Type-Aは、Power IQ対応で最大12Wの出力で高速充電可能。

Type-Cは、Power Delivery対応で最大30W出力が可能だ。(Quick Charge非対応)

MacBook Airも瞬時に充電できる出力数は嬉しい。

しかし、Type-AとType-Cを同時に使用している時は、合計30W出力になるためType-Cが18Wまで落ちてしまう。

30W以上の出力が必要なNintendo SwitchやノートパソコンなどはUSBポートではなく、充電器を装着させてコンセント差込口を使用しなくてはいけない。

Anker PowerPort Strip PD 3はUSBポートはスイッチ付き電源タップ本体の電源スイッチが搭載されているので、コンセントの抜き差しなしで一気に電源を落とすことができる。

また、コンセント部の最大出力が1000Wまでなので、ドライヤーなど高出力の電化製品に使用できないので注意しよう。

1000W以上の家電に繋げると勝手に電源がOFFになり、安全装置が発動するようだ。

Anker PowerPort Strip PD 3のスペックPSE認定は、もちろん。Anker独自のシステムで過負担防止、ショート防止、過電圧防止、設置保護(アース)、温度管理が備わっている。

6つ同時に充電しても「熱くて触れない!」なんてことはない。

まとめ

Anker PowerPort Strip PD 3はUSBポートはコードが極太約1.8mあるケーブルが、なんたってド太い。

電源タップでこんなに太いケーブルは初めてだ。

少し融通が利きづらいので、配置場所が限定されることがあるかもしれない。

Amazonのレビューを見てみると、「USBポートが使えない」トラブルが続出しているようだ。

レビューを踏まえて購入したので、使えなかったら返品しようと軽い気持ちで使ってみることにした。

実際に、私も1ヶ月弱でUSBポートが使用できなくなった。

Amazon内の「Anker Direct」から質問・電話で問い合わせをするとスグに新品を送ってくれた。

もし、また不具合が出てしまっても保証期間内なら再度サポートしてくれるとのことで安心して使っている。

11月26日AM9:00から始まるAmazonブラックフライデーでは、Anker PowerPort Strip PD 6を購入する予定だ。