ガジェット

【iPad Air】Smart FolioからApple Pencilも収納できるケースに変えた。

先日、iPad Airと共に純正ケースのSmart Folioを購入した。

iPad Air4と同時に購入したアイテム
iPad Air4と同時に購入したアイテムたちiPad Air4と同時に購入したアイテムたちを紹介しています。オススメのガラスフィルムがあるので、参考にしてみてください!...

購入してから気づいたことがある。

「あ、Apple Pencil、剥き出しだ。」

バックに入れて持ち歩く時に、iPadから外れてバックの中で行方不明になってしまうし、擦れて汚れるのも嫌だ。

充電も常にしておきたいので、ガジェット用ポーチに入れるの気が乗らない。

Apple Pencilが一緒に収納でいるケースにすれば問題解決だと気付いた。

【ESR iPad Air 4 ケース】レビュー

ESR iPad Air 4 ケースの正面カラーはグレー・グリーン・ブラック・ローズゴールドが販売されていて、私はグレーを選んだ。

ホワイトを探したが、良いケースが見つからなかった。

ESR iPad Air 4 ケースのApple Pencilカバーそうそう、これが欲しかったんだ。

Apple Pencilを覆って一緒に保護してくれるカバー。(見た目は…)

ESR iPad Air 4 ケースはオープンサイドデザインSmart Folioと同じく、側面がケースに覆われていないオープンサイドデザイン。

ESR iPad Air 4 ケースはApple Pencilを充電しながらカバーできるこれで、Apple Pencilを充電しながらケースに収納することができる。

ESR iPad Air 4 ケースはApple Pencilカバーは裏面にもピタッと貼り付く裏側にもペタっと張り付くので、ブラブラと邪魔になることはない。

ESR iPad Air 4 ケースの裏面iPad Pro(2018年モデル)11インチとiPad Air(第4世代)のみ対応で、ケースの裏はカメラ1つ分の穴しか開いていない。

ESR iPad Air 4 ケースの内側内側はSmart Folioと同様、マイクロファイバーライニングで本体を保護してくれる。

ESR iPad Air 4 ケースのオートスリープオートスリープもしっかり反応してくれる。

Smart FolioとESRのケースを比較してみる。

ESR iPad Air 4 ケースとSmart Folio(表面)ESRはライトグレー寄りだが、隣りに置くとSmart Folioのホワイトが際立って綺麗に見える。

ESR iPad Air 4 ケースとSmart FolioESR iPad Air 4 ケースとSmart Folioの内側質感の違いを写したかったが、分からないかもしれない。

ほとんど同じ質感で作られているが、若干SmartFolioの方が良い。(ESRも全く問題ない。)

ESR iPad Air 4 ケースとSmart Folioの折れ目スタンド用の折り目も同じ個所にある。

ESR iPad Air 4 ケースとSmart Folioの三つ折り30°
ESR iPad Air 4 ケースとSmart Folioの三つ折り65°

角度も同じ30°と65°。

iPad Airを取り付ける背面の硬さはSmartFolioの方が硬くできている。

ESRの重さが250gと掲載されているが、口コミを見るとかなりバラバラらしい。

私のケースは、230gだった。

Smart Folioの重さは176gなので、純正より重いのが残念。

しかし、これで2,899円とは良い買い物だ。

まとめ

Apple Pencilを一緒にケースに収めることができるようになって、バックの中で迷子にならなくなった。

これだけで小さなストレスと無駄な時間を排除できる。

Smart Folioは、凄く気に入っていたので手放したくは無かった。

しかし、ケースを2つ持っている必要性はない。

モノを溜めこまない為に返品することにした。

これがAppleの良いところ。(公式Appleサイトで購入のみ)

開封済の商品でも返品可能はありがたい。

返品作業は少々面倒だが、9,350円返金されるのは大きい。

ホワイトが発売されるのを待ちわびている。