ガジェット

500円だったので『第3世代Amazon Echo Dot』に新調しました。

我が家は、第2世代のAmazon Echo Dotと共に暮らしている。

本当ならNature Remoを使って、家全体をスマートホーム化にしたいところだが、子ども達がズボラ人間になってしまわないか心配で進めることができないでいる。

フル活用できていないことにモヤモヤする私。

子ども達は、朝の支度をしながら天気予報を聞いたり、音楽を流したり、アラームを設定したりとAlexaを活用している。

子ども達には音質が気にならないようだが、私は少々気になっていた。

パソコンに取り付けている安価スピーカーよりも劣っている。

最近頻繁に行われている『Echo Dot』のSALE。

次回こそは購入しようと決めていた。

今回はなんと、5,980円→500円とかなりお得だ。

プライム会員限定Amazon Music Unlimitedの1か月分(780円)とセットが条件になっている。

私のアカウントは、Amazon Music Unlimited加入しているので、対象外になってしまう。

そこで、旦那のアカウントでプライム会員の無料トライアルに登録し、【プライム会員限定】Echo Dot 第3世代、サンドストーン ¥500 + Amazon Music Unlimited (個人プラン1か月分 *以降自動更新)を購入した。

Music Unlimitedを今後利用しない人は、ご自身で解約しないと自動更新されてしまうので注意が必要。

Spotifyを使っている人も多いけど、AmazonMusicの配信曲数は6,500万曲以上とSpotifyを超えている。

しかし、リコメンド機能では勝てないみたい。

AmazonEchoDotを第3世代を使って驚いた。

第2世代より一回り大きく、重さもズッシリしている。

スイッチの位置に変更はないが、充電が大きく変わっていた。

MicroUSB→DCに変更されていた。

そして、電源アダプタも15Wになっていた。

第2世代と同じく3.5mmのステレオジャックが付いているので、オーディオケーブルを繋げば有線で外部スピーカーとして楽しむことができるし、無線でBluetoothスピーカーにもできる。

EchoDotを2台持っていると、左右に設置してステレオスピーカーにもなっちゃう。

そして、気になっていた音質は…

「え?なにこれ。めちゃくちゃ良くなってるじゃん。」

第2世代は音が軽く、低音は聴き取りづらい。

第3世代で音楽を再生すると、振動がスゴイ。

重低音がしっかり伝わってきて、声も深みがある。

スゴイ。こんなに違うのか。

まとめ

音質向上には本当に驚いたんだけど、それだけじゃない。

声への反応もめちゃくちゃ良くなっていた。

第2世代のときは、

「アレクサ」

「……」

「アレクサ」

「…….」

「Alexa」

「はい」

と、反応が悪いことが多かった。

これもあって、Alexaより子どもの方が早く動いてくれるのでスマートホーム化が遠のいていた理由の一つでもある。

Alexaの反応が良くなり、音質もめちゃくちゃ良くなっているのでもう一台欲しくなってしまった。

次回のSALEに期待しよう。